株式会社ヤマゲン
ヤマゲン物語
会社案内
事業内容
環境事業
不動産賃貸事業
メセナ事業
関連会社事業一覧
お問合せ
会社案内   会社の沿革
昭和26年8月 山源興業株式会社設立。
東京木場1丁目にて製材、加工及び、木材の売買を開始。
昭和38年9月 有明製材団地に製材工場を設立。
昭和51年6月 木材保存事業に着手。木場工場に防虫処理第1号機設置操業開始。
昭和52年11月 農林水産大臣より製材防虫1種処理JAS工場の認定を受ける。
(認定番号JLA-1001)
昭和54年11月 有明工場に防虫機増設。
昭和56年3月 有明工場を閉鎖。新木場1丁目に製材、防虫工場を移設。
昭和56年12月 新木場2丁目に防腐処理工場建設、操業開始。
昭和57年4月 大阪工場、五條工場を設置し、木工、紙加工品製造販売事業及び山林、チップ事業を続ける。
昭和57年7月 農林水産大臣より製材・防腐防蟻処理JAS工場の認定を受ける。
(認定番号JLA-2016)
昭和58年6月 業務拡大に伴い社名を「株式会社ヤマゲン」に改称する。
住宅都市整備公団、造園材防腐木材指定工場の認定を受ける。
平成2年4月 防虫、防腐、建材、木構等、東京の木材関連部門を「株式会社ヤノテック」とし、分離独立させる。
平成4年4月 大阪の建材部門を「株式会社ヤノベース」とし、分離独立させる。
平成6年7月 「パネックス株式会社」を設立し、「株式会社ヤノテック」の業務を吸収する。
平成10年10月 木材チップの精選を業とする、つくば工場を開設。
平成11年6月 茨城県より「産業廃棄物(木くず)中間処理業」の認可を取得し、「つくばウッド・リサイクルセンター」として本格的に稼動する。(許可番号:0821061848)
平成12年5月 「産業廃棄物収集運搬業」許可を茨城県他より取得。
平成15年9月 木くず「一般廃棄物処理施設許可」を茨城県にて取得。
平成15年11月 木くず「一般廃棄物処理業」をつくば市にて取得。
平成16年4月 「リサイクル保証」ビジネスモデル特許を取得。環境ビジネス新事業を開拓する。
平成16年7月 所有山林が「ユネスコ世界遺産」に登録される。
平成18年6月 所有山林にて、森林認証(SGEC)を取得する。
平成20年6月 つくば工場(ウッドリサイクルセンター)が茨城県リサイクル優良事業所に認定される。
平成23年11月 つくば工場にて、環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証・登録を受ける。
平成25年8月 つくば工場が(優良認定)産業廃棄物処理業者(処分業・収集運搬業)許可を取得する。(茨城県)
平成26年5月 創業者で代表取締役社長の山本陽一逝去のため、新代表取締役社長に山本拓が就任する。
平成28年5月 「一般廃棄物収集運搬業」許可をつくば市にて再取得。
Copyright 2003 by YAMAGEN Co.,LTD.